30代男の婚活ブログ始めます。

30を過ぎた頃から、
結婚してえなぁ〜・・・ムード

とか、考えるようになって、そうこうするうちに周囲も

結婚パンチ

とか言い出して、そうこうするうちに結婚って、周囲も具体的にイメージするような歳になったせいか、
どこ行っても反応が良くて、そのため

自分がモテてるぴかぴか(新しい)

とか、勘違いしてしまって・・・

その結果、だんだん

やっぱ、結婚したくねぇなぁ〜・・・、このまま色んな子と遊んでたい
なぁ〜、責任とらなくてもいいからなぁ〜・・・、やっぱ結婚って
重いなぁ〜・・・。

とか、思うようになりだして、アラ30って、やっぱ男も女もお互いを
意識し出すせいか、向こうの勢いにビビリ出して本当は真剣に結婚ってことを
考えてなかったんだと気付いた
・・・。

まぁ、言い訳すれば、時代は不景気だしどうなるか分かんないなか、必死の
周囲にビビッたがく〜(落胆した顔)というのが、本音だ



そして、段々

結婚まだしたくねぇ〜なぁ〜

と思い出しはじめたことに今度はビビり出して、真剣に結婚ということを改めて
意識し出した。

そんな時、タイムリーに登場したのが、今では当たり前となったあの言葉

婚活

ちょっと前までは、婚活なんて言葉無かったのに・・・。
その証拠にwindows XPも vistaも「こんかつ」って打てば「今活」
て変換された。

まぁ、合ってるっちゃぁ〜合ってる。今やらないでいつ活動するよ
って事では。

で婚活よたらーっ(汗)

婚活

確かに、始めてこの言葉を聞いたとき
なるほどひらめき
と思った。

少しでも自分にあった会社、良い会社に入るために就職活動を1年以上も考えて真剣にするのに、会社と同じように、いや、もっと大切な結婚相手を
調べたり、その相手を探したり、その相手に真剣に自分をアプローチする
のに、適齢期で真剣に結婚活動をしていない人が多いのは、おかしい

自分の一生を左右する生涯の相手を積極的に探す活動をして、幸せな
人生を手に入れるため、就活と同じように婚活を致しましょう

といった感じだった。

正直、インパクトを受けた。うん婚活しようパンチそう単純に思った。

これは、婚活なのかナンパなのか分からないけど、そういった活動を始めて
生まれて初めて自分と向き合うことになった、活動の記録をとどめたブログであり、同じように婚活をしている周囲の人達の本音を綴ったブログであるー(長音記号2)
スポンサードリンク
posted by ドラゴンタイガー at 22:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年2月22日日経新聞より婚活情報。

2010年2月22日 日本経済新聞の関西版・夕刊の月曜日コーナー
「知&得」オムニス関西婚活に関する情報が、掲載されておりました。

関西版の夕刊とはいえ、婚活情報が日本経済新聞に掲載されるなんて
ちょっと面白いなと思いました。

内容は、28歳の記者が帰省するたびに、祖父母より
「結婚はまだか?」
と言われ
「出会いがないよもうやだ〜(悲しい顔)
とかわしたところ
「それなら婚活しなさいexclamation×2
と背中を押され、仲介を介した見合い・インターネットを使った出会いなど、
今時、婚活事情を探っていくという記事物

内容は、婚活をマーケットと取らえる関連会社から、そのインタビュー
記事を元に
自分の適性にあわせた、出会いの掴み方を紹介するというもの。

その他にも 
「婚活に適したファッション・服装は?」
といった話題にも少し触れられていたが、具体的な内容は、一切皆無。

ほぼ、関連会社の紹介と言った内容だった。

やはり婚活は、自分の足で動き、自分自身で情報を集めて、体験していく
以外に方法がない
のだなぁ・・・と改めて思った。

はじめ方は、人それぞれだけど、まずは資料を取り寄せるなど行動
してみることが大事ですね。

これは、人生の全てに共通することですが・・。

また周囲を見渡せば、出会いは限りなく水平線のように広がり、自分だけの
たった1つのアイランドが、残されているような気もしてきます。

うしっ!がんばんべパンチ
スポンサードリンク
posted by ドラゴンタイガー at 20:46 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。