心斎橋婚活バー物語2

婚活バーって一体exclamation&question
そんな疑問も何も考えず、ただ楽しそうだわーい(嬉しい顔)という響きだけで、教えてもらった
心斎橋の某婚活バーダッシュ(走り出すさま)

まぁ、見た目は普通のバーで、こ洒落た感じキスマーク
勢いだけでやってきた私と違って、誘った友人は先に電話でしっかりと
問い合わせて、予約を入れていてくれた様子ダッシュ(走り出すさま)さ・流石あせあせ(飛び散る汗)

入会登録料は、無料ですが初回に会員登録が、必要とのことexclamation
そのため、身分証明書の提出が必要で、私は免許書を提示

中々しっかりしたシステム。てっきり、ナンパな感じで、ナンパ待ちの
女性に男性が、声を掛け捲ったり、司会者がはやし立てて、声をかけや
すいようなイベントを行なっているのかと思っていたが、どちらかと言えば

大阪心斎橋の婚活バーは、大人の社交場

といった感じに近いパンチ

そのまま友人と中に入ると、その日は週末のため男性は30代後半ぐらい
の人達が大目。比較的若い男性は少ない。お店の人に聞いた感じでは、
20代後半から30代前半が、普段は多いとのこと。

女性は、30代ぐらいの人が多かったが、友人を連れ添って会社の帰りに
興味本位で来てみました。的な雰囲気の女性が多かったです。

お酒好きの私は、本来の目的を忘れないように今日は控えめあせあせ(飛び散る汗)
しかし、初回からどうなるもんでもないと思っていたため、できるだけ
今回は、様子見と決め込み観察に徹するパンチ

料金システムは、ドリンクやフードの他にテーブルチャージ代が、
男性の場合4,000円。女性の場合2,000円必要だが、1回
1万円ぐらいなので、無理なく来れそう揺れるハート

席に着いていると、先に飲んでいた女性が2人組でやってきた。
彼女達の話を聞けば、会社の子に聞いて初めて今日やってきたとの事。

どうも年齢が近いと婚活目的のはずが、会社の愚痴大会になってしまう

タイプでない場合、すばやく切り上げた方が懸命。どうしても30過ぎると
男女って友達になってしまうからね・・・ふらふら

その時、店員さんが
「そろそろお時間ですので、よろしければ連絡先を交換しませんか?」
と声をかけてきた。思わず心の中で
(うまいexclamation×2
と思ってしまった。だって店員さんに声をかけてもらえれば、こちらが
切り出すタイミングを図る必要もないし、相手に悪い印象を持たれると
言う心配もない


どのみち、友達以外になれない女性2人組だったが、気はあったので、
「次回は、他のメンバーを誘ってコンパを手(チョキ)
と別れた。これだけでも次の婚活バー代10,000円の節約になるしねわーい(嬉しい顔)

この日、金曜日に集まっていたメンバーの女性は、楽しい人ばかり
だったが、どうもイメージと違っていた・・・たらーっ(汗)

原因は、心斎橋にある婚活バーだが、来ていた女性人は、週末のため
心斎橋までアフター5にショッピングついでに興味本位でやってきた
遠征組
だったからだ。

そして、次回作戦を練り直して再び出撃することになる。
次回、心斎橋婚活バー物語編。続く揺れるハート
スポンサードリンク
posted by ドラゴンタイガー at 12:13 | 婚活のための出会い編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。